仁王像

この仁王像は「三国名勝図絵」によると、境内入り口付近に堂々たる茅葺の仁王門があって,その中に置かれていることがわかります。

明治2年(1869)、廃仏毀釈のおり一部壊されましたが、さいわいにも大破をまぬがれてここに残っています。この像の作者、製作年代は不明ですが作者の技巧は大変すぐれたものであると言われています。

(看板より)

仁王像看板

仁王像2人

仁王像の2人です。ちょっと見えにくいですが、

階段の脇を仁王像が固めています。

わかりますか。

この仁王像たぶん触っちゃだめなんですけど、触れるんですね。

そういうところも自然と一体化していてこの公園面白いですよね。

ひだり

仁王像の左です。

仁王像の右です。

結構険しい顔してます。。

この険しい顔が魔をはらうのでしょう。

ちょっと欠けているのは廃仏毀釈の影響です。

これだけでも残ってよかったです。

これも自然についたこけがよい感じを出しています。

自然遊歩道の門番と言った感じでしょうか。

ちなみに、PRIDEの門番はゲーリグッドリッジ(剛力王)でしたが、Kー1に移ってしまいました。

Pride男塾なんて人もいましたね。

そんなことを連想させるお二人です。

ページのトップへ