谷山神社への道

谷山神社へ向かうには、車で行く方法と、自然遊歩道を徒歩で上がっていく方法があります。

車だと5分位でつきますが、私のお勧めは自然を楽しみながら上がっていくことですね。

遊歩道を抜けて、谷山神社の下までいくのですが、

最後の難関があります。

谷山階段看板

この階段、下から写真を撮ったのですが、137段あるんですよ。休みなしにはちょっと無理。。

でも。おじちゃんが一気にダッシュしていました。

坂1

このおいちゃんがものすごい早いのです。ピューという感じ。

アスリートですね。

坂2

左端に写っているのははさっきの看板です。

ちなみに、気温は33度くらいかな。水分はこまめに取りましょう。

上に上るとこんな景色が広がっています。

桜島

爽快です☆

市内が一望できますね。

ちょっとした登山です。

奥には桜島です。ちょっと雲がかかっていますね。

谷山神社

神社看板

谷山神社看板:この神社の祭神は懐良親王で神社が建てられたのは昭和3年(1928)に創立されました。祭神である懐良親王は、後醍醐天皇の第9皇子でありますが、興国3年(1342)、谷山隆信の居城谷山城に隣接した御所ケ原に九州平定の最初の征西府をおきました。親王は熊本に移られるまでの6年間滞在されましたが、その記念碑が御所ケ原にあります。

(看板より)

谷山神社というのは、地元の人が、初詣などによく利用している神社です。普段は歴史なんか気にしなかったのですが、よくよく調べてみると由緒正しい神社なんですね。

御利益は何がある神社なんでしょうね。たいていは、祭ってある神様の得意なもので決まるのですが。。。

神社石碑

ちょっと逆光ですが、神社の写真です。

神社

まぁ、普通の神社ですね。。。

伊勢神宮をちょっと小さくした感じ。

今写真見ると結構趣があるかな。

景色はこんなにきれいですけどね。

神社から外景色

おみくじを引いてみましたが、吉。という、よくもなく、悪くもなくという感じでした。

いろんなお守りとか、破魔矢とか基本的な神社グッズはそろっています。

ちなみに、家は毎年この神社の破魔矢を買って帰るのが恒例です。

ページのトップへ